鈴木英仁

支部長 大拳士六段
指導者紹介

少林寺拳法を始めたきっかけは小学生の時に映画『少林寺』が大ブームとなり、たまたま近くの武道館で道場が始まるというので体験に行き入会しました。小5からはじめて今年で36年になります。
子供たちには少林寺拳法が特技となるように、そして全国大会でも活躍できるようになってもらいたいとおもい指導しています。
少林寺拳法を通じて社会で自立して活躍できる人、幸せな人生を過ごせるようにとおもいながらそのお手伝いをしています。
道場を始めたきっかけは子供と保護者の居場所づくりであり、楽しく生きていくための仲間作り。そして自分が好きで楽しい少林寺拳法をたくさんの人にも教えてあげたいとおもいはじめました。
少林寺拳法を通じて地域社会に貢献できる、大好きな宮田村を全国に知ってもらえるよう活動しています。